覚えたフレーズを徹底的に自分のものにする方法!

こんにちは。Toshiです。

フレーズ集などを使って、お手本のCDを聴きながらフレーズを覚えたことあると思います。

しかし、覚えたけど忘れちゃうことって意外と多いですよね。

私はフレーズ集などをやり込みましたが、「今弾け!」と言われると多分弾けません笑

CDを聞いて、「あぁ!やったことある!」という感じで思い出す程度だと思います。

「どうせすぐ忘れちゃうのに、フレーズ練習ってやる意味あるのかな」って不安に思ってきました。

今日はそんなフレーズ練習を確実に自分のモノにする方法を書きたいと思います。

スポンサーリンク

 

フレーズはたくさん覚えなくてもいい

まず、フレーズ集を使っているとたくさんフレーズが載っていますが、全部暗記するのは大変です。

大事なことは、フレーズを暗記するのではなく、フレーズを分析することです。

フレーズを分析するためにするべきことは以下の通りです。

  1. コード進行を把握する
  2. 度数を把握する
  3. 使われているスケールを把握する

この3つの分析が必要です。

コード進行を把握する

コード進行は五線譜の上にコードが書いてあると思います。

まずはキーを見つけます。フレーズ集などは丁寧にキーが書いてあると思います。

フレーズ練習をするときに、TABばかりに目がいってしまい、コードを把握せずに弾いてしまうってパターンが多いです。左手のエクササイズになってしまうのは勿体無い!

必ず何のコードの上でメロディが乗っかるのかを意識しましょう!

次にコードをディグリーネームを割り当てます。

例えば、

  • 2−5−1
  • 1−6−2−5

などディグリーネームでコード進行を把握しましょう。

コード進行を常に把握しながらフレーズ練習することで、音の意味が理解できるようになり、今後自身の演奏に説得力が増すことになりますよ。

度数を把握する

次に、フレーズの音がコードに対して何度の音なのかを把握します。

度数を把握すること、フレーズの「骨格」が見えてきます。

例を出します。キーがCの時、2−5−1(Dm7ーG7ーC△7)のコード進行があったとします。

Dm7のときに「3弦7f→2弦6f→1弦5f→1弦7f」というようなメロディがあったとして、Dm7に対しては「ルート→m3→5→6」というような度数です。

分析してみると、ルート、m3、5はBmのコードトーン、6はDドリアンスケールの特徴音ということがわかります。そして、度数から何のスケールが使われているのかが見えてきます。

このように、度数を把握することでメロディが与える印象(盛り上がりや浮遊感など)の仕組みがわかるようになるのです。

違うキーやコードの上で覚えたフレーズを弾く

度数を理解し、何のスケールが使われているかが見えてきたら、今度は違うコードの上で試します。

度数でメロディを把握しておけば、たとえコードが変わっても、そのコードに対して何度を押さえればいいのかがわかります。

Dm7も6弦10fがルートの時と、5弦5fがルートの時がありますので、それぞれのパターンで度数を探し弾いてみましょう。

m3を弾くときも、同じ弦のm3を弾くのか、隣の弦のm3を弾くのか色々なパターンがあります。

覚えたフレーズを自分なりにアレンジする

最後に覚えたフレーズは色々と派生させてみましょう。

三連符にしてみたり、スライドやチョーキングで表現を変えてみたり。

自分でコードを弾いてその上でフレーズを弾いてみるのも大切です。

いろんなバッキングパターンに挑戦し、その上で覚えたフレーズがどのように映えるか確認してみましょう。

ビビッときたものがあれば、自分のフレーズとしてインプットされます。

最後に

1つのフレーズでもじっくり向き合うと結構時間がかかります。

しかし、たくさんフレーズを無意識に弾きまくるより、中身の濃いものになるはずです。

ぜひ取り組んでみてください。

少しでもギターライフの一助になれれば幸いです。

ありがとうございました。

Toshi

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です