覚えたスケールを自分のモノにする方法!「ギタリストあるある」からの卒業

こんばんは。Toshiです。

一昨日からディミニッシュスケールとコンディミスケールについてのブログを書きましたが、大事なことはスケールを覚えることじゃなくて、自由に使いこなすことですよね。

自由にスケールを使いこなすことは、もの凄く難しいことだと思っています。

私はまだまだ未熟すぎるのでその域には達していませんが、いち早く上達して理想に近づきたいものです。

今日は私なりに、覚えたスケールを自分のものにするための方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スケールを形で覚えるよりも、音の響きで覚えよう

さて、初めて覚えたスケールって一体なんでしたか?

おそらく、ドレミファソラシド。

つまりメジャースケールではないでしょうか。

ギターの教則本では、だいたいマイナーペンタトニックスケールが出てきますよね。

6弦5fをルートにボックスの図が載っていると思います。

でも、これ注意が必要です。マイナーペンタの形を手で覚えてしまうと、アドリブを弾く時に音階を上下しているだけに陥ってしまう危険性があるのです。

実際、私が初めてアドリブでソロ回しをした時に、案の定、音階の上下しかできずに恥ずかしい思いをしました。

覚えたと思ったスケールでも実際はうまく使えない。これでは正直意味はありません。

そこでオススメの練習はスケールを歌うという練習です。

メジャースケールはほとんどの人が歌えると思います。

一方、マイナーペンタは歌えますでしょうか。

意外と難しいと思います。

「ギタリストあるある」ですが、スケールを指の形で記憶してしまっているからなんです。もちろん、それも大事なことです。形を覚えることは必要です。しかし、それで習得したと思って完了してしまうギタリストが非常に多いです。

指で覚えることはインプット。声に出してスケールを歌うことがアウトプットになります。

スケールは必ず、声に出して歌える状態にしましょう!歌える状態になると、脳内で自然とメロディが浮かんでくるようになります。

そして、脳内で浮かんだメロディをギターで表現することがセッションや曲作りには欠かせません。

スケールはコードトーンにテンションがプラスしたもの

今後、色々なスケールの話をしたいと思いますが、スケールは骨格と肉体に分かれていると考えると良いです。

骨格はコードトーンです。

スケールはコードトーンにテンションがプラスしたというように考えるとコード感が強いソロが弾けるようになります。

例を2つ出します。キーCの時のC△7とF△7

C△7=R・9・△3・11・・13・△7  メジャースケール
F△7=R・9・△3・♯11・・13・△7 フリジアンスケール

赤字がコードトーンです。どちらも骨格となるコードトーンは同じですね!しかし、テンションノートである11がF△7では#しています。

たった一音だけ変化があるだけで、スケールの印象は変わりますよね。

ですので、骨格となる構成音を理解し、そこから肉付けとなるテンションノートを覚えていくことで、スケールの知識は広がっていくと思います。

常日頃からスケールを意識しよう

最後に、音楽を聴く時もフレーズ練習する時も「どういうフレーズが使われているか」に意識を持って取り組みようにしましょう。

きっと、スケール感が身体に染み付くことになると思います。

もちろん、すぐにやってできるようなことではありませんが、地道に続けていきましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

Toshi

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です