マイナースケールを覚えよう!

こんばんは。Toshiです。

昨日に引き続き、スケールについて書きたいと思います。

前回はメジャースケールについてご説明しました。
全全半全全全半という音の間隔でした。

度数で考えると
R・9th・M3・11th・5・13・M7でした。

今日はマイナースケールについてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

マイナースケールはメジャースケールと「同じ」

普通のドレミファソラシを「Cメジャースケール」と呼ぶだけで何となく「難しそう・・・」って思いませんか?

こういう言葉に対してはある程度の慣れが必要です。音を度数で表現するときにも「m」や「M」あるいは「ー」や「△」などで表現されていると難しそうに思えてきます。これらの表現方法については後日、説明したいと思います。

さて、「メジャー」スケールを覚えたら「マイナー」スケールも覚えましょう!

早速ですが、ドレミファソラシを2セット紙に2回書きましょう。

ドレミファソラシドレミファソラシ
赤字がドを基準(ルート)にしたCメジャースケール。

ドレミファソラシドレミファソラシ
青字がラを基準(ルート)にしたAマイナースケールになります。

メジャースケールの中にマイナースケールもある
マイナースケールの中にメジャースケールもある

と考えることが出来ます。

つまり、言い方を帰るとメジャースケールを駆け上っていると、マイナースケールも駆け上っていることになります。
2つのスケールは2つで1つなのです。

マイナースケールの度数を覚えよう

さて、マイナースケールの音の間隔を体に染み込ませましょう。

わかりやすく「ラ」から「ソ」まで弾いてみましょう。

「ラ」は5弦解放・・・0
「シ」は5弦2f・・・・2
「ド」は5弦3f・・・・3
「レ」は5弦5f・・・・5
「ミ」は5弦7f・・・・7
「ファ」は5弦8f・・・8
「ソ」は5弦10f・・・10

数字の間隔は2,1,2,2,1,2,2ですね。
「全半全全半全全」と覚えましょう。

スポンサーリンク

度数で考えると

R・9・m3・11・5・m13・m7となります。

9や11、m13などは1オクターブ高い、2度、4度、6度の音です。
ここでは2度は9、4度は11、6度はm13です。

メジャースケールとマイナースケールの違い

メジャースケールとマイナースケールの違いは3度、6度、7度にあります。以下の通り。

メジャースケール・・・R・9・M3・11・5・13M7
マイナースケール・・・R・9・m3・11・5・m13m7

スポンサーリンク

今後、色々なスケールを覚える時に「メジャー型」「マイナー型」という括りで扱われます。3度の音がM3(長調)であればメジャー型、m3(短調)であればマイナー型となります。

例えば、マイナー型の代表的なスケールのドリアンスケールはマイナースケールのm13がM13に変わっただけです。また、ハーモニックマイナースケールはマイナースケールのm7がM7に変わっただけです。

このように土台となるメジャースケール、マイナースケールの度数を頭の中に叩き込むことで、今後飛躍的にスケールを覚えることが楽になりますので、頑張ってください。

まとめ

今日はマイナースケールの仕組み、度数について書きました。

全半全全半全全がマイナースケールの音の間隔でしたね。

ちなみにメジャースケールは全全半全全全半でした!

メジャーとマイナーの違いに注意しながら基本となる2つのスケールを覚えましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Toshi

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です