曲のキーが一目で分かる方法!調号から読み取る画期的な技

こんばんは。Toshiです。

今日は曲のキーを一発で判明する方法をお伝えしたいと思います。

理論的な話は抜きにして、パッと一目で分かる方法です。

キーが分かれば、そのコードで使えるスケールが分かったり、曲のアナライズが出来るようになります。

とってもシンプルなので、ぜひ覚えてみましょう!!

調号をみる

まず、ト音記号の隣に♯や♭が何個あるかを確認します。

♯の場合

♯がつく順番は決まっています。絶対覚えてください!役に立ちます。

ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シの順番でつきます。

♭の場合

♭もつく順番が決まっています。

シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファの順番です。♯の順番とは真っ逆さまですね。

ちなみに、♯と♭が一緒につくことはありません。

 

シャープ♯が何個あるか

キーを判別する方法はこちら

最後に♯が付いている音の半音上がキーです。

例えば、♯が3つ付いている場合は、ファ・ド・ソに♯が付いていることになりますよね。そうするとキーは最後のソ♯の半音上になります。つまり、ラがキーです。

 

フラット♭が何個あるか

キーを判別する方法はこちら

最後に♭が付いている音の一個前がキーです。

例えば、♭が2つの場合は、シ・ミにフラットが付いていることになります。最後に♭が付いている音はミなので、ミ♭の一個前はシですよね。したがって、2つ♭がある場合はシがキーになります。

♭が5個の場合。シ・ミ・ラ・レ・ソの順で♭がつきます。最後はソ。ソの一個前はレですよね。つまり、レ♭がキーです。

ちなみに♭が1つしかなかった場合。これはファがキーです。これは暗記しましょう笑

まとめ

今日はとってもシンプルな内容でしたが、非常に実用的な内容だったのではないでしょうか。

♯がつく順番・・・ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シ
♭がつく順番・・・シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファ

♯の場合・・・最後に♯が付いている音の半音上
♭の場合・・・最後の音の一個前。1つしか♭が付いてないときはファ

このようになります。裏技的な感じですよね。

曲を分析するときに役に立つのでぜひ覚えてくださいね。

読んでいただき、ありがとうございました。

Toshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です