ギターの基礎力を鍛えるには弾き語りがオススメ!

こんばんは。Toshiです。

今日はギターレッスンの日でした。

主にレッスンではアドリブや音楽理論的なフレージングなどを学んでおります。

今日は自分のリズムが自覚しているよりも悪く、途中途中でズレていることに気付く日でした。

伴奏を弾いている時、ソロを弾いている時演奏が走ってしまいがちです。

そんな時は弾き語りをするのがオススメです。

今日は弾き語りをすることでギターの上達に役に立つことを書きたいと思います。

弾き語りのメリット

別に弾き語りをやりたいわけじゃない!

私もそう思っていましたが、ギター上達の要素に弾き語りをすることで、タイム感リズム感がズバ抜けて良くなります。

コードストロークをしながら歌を歌うこと。簡単そうですが、やったことない方だとかなり難しいです。

私もできませんでした。歌に合わせてダウンストロークしてしまったり、ぎこちない演奏になってしまいます。

また、ストロークパターンを覚えても身体の内から湧き上がるビートがないので、ずっと同じストロークで表情のない薄っぺらい演奏になってしまうのです。

まして、シンコペーションなどリズムトリックがあると歌なんか歌えたもんじゃありません笑

このように、手強い弾き語りですが、できるようになると以下のようなメリットがあります。

  • グルーヴを生むことができる
  • シンコペーションなどのリズム感へ対応できるようになる
  • 歌を歌うことで、アドリブのフィーリングが学べる

という点です。

演奏でグルーヴを出す

演奏にダイナミクスをつけることが何よりも大事なポイントです!

ダイナミクス=抑揚

と考えればいいでしょう。

1つのストロークの上で歌うことは、ある程度慣れてくれば出来るようになってきます。

もちろん、最初は難しいですがタイミングが体に染み込めば、リズムが出てくるので歌が「入れる」ようになるのです。

しかし、伴奏で大事なことはダイナミクスをつけ、伴奏に表情を付けながら歌を乗せることです。

ここがとても難しいポイントです。小さなストロークやゴーストノートも交えたり、または裏拍でリズムをとって伴奏を活き活きとさせることがとても難しい。

ギター1本でバンドサウンドを作り出すイメージです。

私が弾き語りで参考にしているギタリストが古澤剛さんというシンガーソングライターです。

曲の強弱の付け方やサビへのアプローチ、さらに歌の乗せ方が参考になります。

手拍子でリズムをとる

シンコペーションや裏拍など、リズムを体に染み込ませることは一朝一夕ではできません。

リズムに関してはギターを持たない練習がとても大事だなと実感しています。

ギターを持つと手癖を弾いたり、自分が気持ちいいメロディやコード進行を無意識のうちに弾いており、時間が過ぎてしまいます。結構、時間の無駄でした。

ギターを置いて、手拍子でリズムをとることを毎日取り組むべきだなと思っています。

イチ と ニー と サン と シー と口に出してカウントします。

数字が表、「と」が裏です。

手拍子を「と」に合わせます。

体もリズムに乗ってきたら、手拍子はそのまま、声に出すのをやめます。

まだリズムはキープできていますか?途中でおかしくなったらビートに乗れていない証拠です。

私はここで苦戦しました・・・。頭ではわかっているし口に出している時は問題なかったのに、声に出すのをやめたらだんだん速くなってしまいました。

ここまでの流れを整理します。

  1. 「イチ」とー「ニー」とー「サン」とー「シー」とー 声に出しカウントする。
  2. 「とー」のところで手拍子をする。
  3. 体もリズムに乗ってきたら、声に出すのをやめる。
  4. リズムをキープする。

こんな感じです。

もし、これも楽勝だ!という方がいたら、自分が練習している曲などに合わせてやってみましょう。

リズムを感じることでアドリブにも活きる

リズムを体から理解し乗っている状態であれば、アドリブをするときもメロディが歌えるようになります。

いわば、コール&レスポンスです。リズムの投げかけに対しメロディで答えるということができるようになってきます。

リズムが身体から出せる人の演奏は実に素晴らしいです。
無伴奏でアドリブを弾いていても、ドラムスやベースの音が聞こえてくるかのようです。

ブルースはコール&レスポンスを学ぶのに最適なので、是非とも取り組みたいジャンルの1つです。

B.Bキングなどの三大キングやバディガイ、さらにはロベンフォードの演奏はとても参考になりますよ。

スポンサーリンク

弾き語り若干違う感はありますが、ギターを弾いて歌うということは同じですよね笑

よかったら参考にしてみてください。

まとめ

今日は弾き語りがギターの上達に役に立つということをお伝えしました。

私もまだまだですので、頑張りたいと思います。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

Toshi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です