テンションコード、ギターでテンションの音を使いこなそう!メジャーダイアトニック編

こんにちは!Toshiです!

今日はテンションについて研究したいと思います。

どんな時に使える音なのかをお伝えできればなと思います。

今日はキーをCに置き換えて考えていきます。Cメジャースケールで作るダイアトニックコードに足せるテンションを確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

テンションとは

テンションは3和音、4和音の構成音の上に積み重なる音です。

ドミソシの4和音の上はレ(9th)、ファ(11th)、ラ(13th)です。

この9th、11th、13thがテンションの音ですね。

テンションノート(音)は緊張感を持ったサウンドを生み出します。

ジャズをはじめポップスでも大活躍しており、音楽的な表現の幅を広げる要素です。

テンションの音いくつかに細分化することができます。

9thは♭9と9thと#9

11thは11thと#11th

13thは13thと♭13th

これらのテンションはどんなコードでも使える訳ではありません。

コードのタイプによって使い分ける必要があります。

メジャーキーのテンション

メジャーキーで使えるテンションノートを見ていきましょう。

まず、メジャーダイアトニックコードを見てください。

ⅠとⅣの時に△7のコードが登場しますよね!

上の写真だと、C△7とF△7ですね。

結論から言います。

C△7(Ⅰ△7)の時に使えるテンションノートは9thと13thです。
F△7(Ⅳ△7)の時に使えるテンションノートは9thと#11thと13thです

テンションコードはスケール内の音を使います

C△7から紐解いていきましょう!

C△7(Ⅰ△7)

・レ・・ファ・・ラ・・ド・・ミ・ファ・ソ・・シ(太字がコードトーンです)

なぜ、11thは使えないのか。

答えは11thはコードトーンの3度の半音上の音で、コードの響きを邪魔してしまう音だからです。

コードトーンの半音上の音はアボイドノートと呼ばれる音で、和音として使うことは避けるべき音です。

F△7(Ⅳ△7)

ファ・ソ・・シ・・レ・・ファ・・ラ・・ド・・ミ

赤字のソが9thピンクのシが♯11th青字のレが13thです。

なぜ11thではなくて#11thなのか。

テンションは基本的にスケール内の音を使います。

「ファ」から「シ」までは増4度です。(下の写真参照)

つまりF△7(Ⅳ△7)にとって「シ」は増4度の音、つまり#11thの音という訳です。

なので、Ⅳ△7の時は#11thが使えるという訳です。コードトーンである「ラ」から全音離れているので、アボイドノートでもありません。

マイナー・キーのテンション

マイナーのコードは下の写真から探してみましょう。mが付いているコードです。

Dm7とEm7とAm7とBm7(♭5)ですよね。

結論から言うとマイナーは11thが使えます。

共通しているのは、3度の音が半音下がっていることです。

さっきメジャーの時、11thは3度の半音上だから使えませんでしたね。(アボイドノートになってしまう)

しかし、マイナーは半音下がっています。なので、マイナーは11thが使えます。(m3から全音上が11th)

Ⅲm7の時に9thは使えない

Em7(Ⅲm7)のとき、9thは使えません。なぜかと言うと「ミ」にとって、9thの音は「ファ」なので♭9の音になりますよね。しかし、コードトーンの「ミ」の半音上の音なので、アボイドノートになってしまうからです。

Ⅶm7(♭5)の時

Bm7(♭5)で考えましょう。

・ド・・ミ・ファ・ソ・・シ・・レ・・ファ・・ラ

9thの「ド」は♭9thですね。コードトーンの半音上なので使えません。「ミ」の11thはOKですね。

「ソ」は13thです。5度の半音上。しかし、今回はm7(♭5)でしたね。つまりコードトーンは♭5なのです。13thの音は♭5から見ると全音上です。なので使ってOKです。

ドミナント7th(V7)の時のテンション

ドミナント7thとはV7のことです。

VはⅠに解決したがる和音ですので、浮遊感を出してⅠで落ち着かせることが多いです。

キーがCであればVはG7です。

ドミナント7thはたくさんのテンションが使えますよ。

まずはスケール上の音

・ラ・・ド・レ・ミ・ファ・ソ・・シ・・レ・・ファ

「ラ」と「ド」と「ミ」はそれぞれ9th、11th、13thですね。

9thと13thはアボイドではないのでテンションになれます。
ドミナント7th上では「ナチュラルテンション」と言いかたをします。

また、♭9や#9、♭13thのように♭や#がついたテンションも使えます。これらを「オルタードテンション」と言います。

このオルタードテンションをドミナント7thのコードトーンと絡ませるといい感じに「Jazz」になりますよ笑

オルタードテンションはマイナーキーからの借用とされています。後日詳しく書きたいと思います。

まとめ

結構頭が混乱するところだと思います。

ポイントは

  1. テンションは4和音の上に足される音。
  2. コードトーンの半音上はテンションノートとしては使えない。(アボイド)
  3. ドミナント7th(Ⅴ7)はオルタードテンションが使える。

ここをおさえておけばいいかなと思います。

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です