CAGEDシステムを覚えてギター上達!どこでもメジャースケールを弾けるようになろう

こんにちは。Toshiです。

今回は「CAGEDシステム」についてお伝えしたいと思います。

CAGEDシステムはギターの上達に直接的に関わってくる知識なので、絶対に覚えましょう。


このページで学べること

  • CAGEDシステムとは何かが分かる
  • CAGEDシステムを知ると、1つのコードが色んなポジションで弾ける
  • CAGEDシステムを知ると、スケールやコードトーンがどのポジションでも弾ける

それではみていきます!

スポンサーリンク

CAGEDシステムとは

CAGED(ケイジド)システムとは、1つのメジャートライアドが指板上C,A,G,E,Dのコードの形で押さえられるというものです。

そしてCAGEDシステムを覚えることで1つのコードを色んなポジションで弾くことができるようになります。

 

ギターを始めたばかりの時、Cコードなどのローコードを覚えますよね。(下の写真たちを参考)

それぞれ、コードを弾く指の形があるかと思います。

 

CAGEDシステムとは、C,A,G,E,Dの指の形で特定のコードが押さえられるというものです!

 

Cコードを例に出して考えてみましょう。下の写真が指板上でのCコードのコードトーンです。

この写真の中で、CAGEDのコードの形が隠れています。簡単にいうと、これがCAGEDシステムです。

 

Cコードなのに、「Aコードの形」や「Gコードの形」をしているのでよくみてください。

 

CAGEDの順でCコードを確認していきます!

 

Cコードの形       

Aコードの形

 

 

 

 

 

 

Gコードの形       

Eコードの形

Dコードの形

上の写真は全部Cコードですが、C,A,G,E,Dのコードの形でしたよね。

 

そして、CAGEDの順番でコードが繋がっているのがわかったでしょうか。

 

Eの右隣にはDの形が隠れています。そして、Dの右隣にはCの形が隠れています。

 

C→A→G→E→D→C→A→G→E→Dで考えていきましょう。

 

今回はCコードを例に出しましたが、Eコードでももちろん可能です。

スポンサーリンク

 

CAGEDシステムを覚える=どこでもメジャースケールが弾けるようになる

CAGEDシステムを理解することの一番のメリットは以下のとおり

CAGEDシステムを学ぶメリット

  1. 指板上どこでもコードが弾けるようになる
  2. 指板上どこでもコードトーンが把握できる
  3. 指板上どこでもメジャースケールが弾けるようになる

 

CAGEDシステムを覚えることで、1つのコードを色んなポジションで弾くことができるようになります。

 

コードってよく考えると、スケールの構成音ですよね。別の言い方をするとコードトーンです。

 

つまり、色んなポジションにあるコードを道標としてどこでもスケールを弾くことができるわけです。

 

詳しくはこちらの記事まで
CAGEDを繋げてギター上達!指板上で自由に動くためには

 

ギターが上手い人の演奏動画を見ると、指板全部を使っているイメージですよね。

【応用】
3度の音(△3)を半音下げれば、マイナーコードトーンになります。

 

CAGEDシステムを活用し、3度の音を半音下げれば、マイナーコードのコードトーンも弾けるわけです!

 

マイナーコードがあるということは、マイナースケールも弾けるということです。

スポンサーリンク

まとめ

今日はCAGEDシステムについてお伝えしました。

 

ポイントをまとめます。

 

  • CAGEDシステムを覚えると1つのコードを色んなポジションでコードやスケールを弾くことができる
  • 1つのコードをCAGEDのコードフォームで弾くことができるので「CAGEDシステム」と呼ぶ

 

この2点に集約できるのではないでしょうか。

 

今後の練習に活きてくるので、ぜひ覚えましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Toshi

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です