ドミナントモーションってなに?!簡単に覚えよう!

こんばんは。Toshiです。

今日は曲の分析や作曲で大活躍するドミナントモーションについて触れていきたいと思います。

ざっくりではありますが、要点を絞って簡単に書きたいと思いますので、一緒に学んでいきましょう!

ドミナントモーションとは

  1. セブンスコードであること
  2. 4度上に進行していること

この2つの条件が揃った時に「ドミナントモーションしている」と言います。

例えば、キーがCの時、G7からC△7へのコード進行を見てみましょう。

この写真は6弦ルートのG7が4度上のC△7へドミナントモーションしている進行です。

今度は5弦ルートのG7が4度上の△7へドミナントモーションしている図です。

これらはG7というセブンスコード4度上のC△7コードへ進行していますよね。

4度上の進行はギターだととってもわかりやすいです。

こちらの写真の赤い矢印が4度進行です。

6弦から5弦の同じフレットへ移動する時と、5弦から6弦の2フレット下がったとこに移動する時が4度進行です。

 

緊張から解決

ドミナントモーションは「緊張から解決する」と言われることが多いです。

緊張から解決とはなんぞや。

緊張

緊張って落ち着かない様子ですよね。つまり、コードの音が不安定なんです。

どうしたら不安定になるのかというとコードトーンの中に三全音(増4度)の音があるとものすごく不安定になります。

この三全音のことを「トライトーン」と言います。

青く囲ったところが「トライトーン」です。一度弾いてみましょう。

いかがですか?非常に音と音がぶつかり合ってていい響きではないですよね。

セブンスコード(◯7)には必ずこのトライトーンが含まれています。

解決

解決は「終わったぁ」と安心する感覚があります。

安心は緊張があって成り立つものです。つまりセブンスコードで緊張した和音の解決先が4度上の和音になるわけです。

よく学校である「起立!気をつけ!礼!」のお辞儀のピアノもドミナントモーションです。礼が終わって頭をあげる時に「解決」しています。

セブンスコードを探そう

ドミナントモーションは必須ですので、しっかり覚えていきましょう。

曲の中でセブンスコードを探すようにしましょう!

基本的にセブンスコードはダイアトニックの5番目にある音ですので、セブンスコードを見つけたら4度上がキーだと考える癖があると、今後曲の分析ができるようになります。

ジャズとかでも良く使うので、しっかり覚えていましょう。

まとめ

今日はドミナントモーションについて説明しました。

次はセカンダリードミナントというものについて学んでいきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Toshi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です