ギターストロークは奥が深い!上達するためにしっかり練習しよう

こんにちは。Toshiです。

私、ギターを弾き続けて何年も経ちますが1つ後悔していることがあります。

ギターストロークを意識して練習していなかった

ということです。

なぜ、後悔しているのか。

今日はストロークの練習の大切さを私の実体験をもとにお話します。

スポンサーリンク

ストローク練習を怠った弊害

ギターを始めたばかりの頃、最初に練習することの1つにストロークがあると思います。

  • ピックを力まずに持つ
  • 肩・肘・手首を柔らかく使う
  • 弦に垂直に当たるよう力まずにしっかりと降る

基本中の基本です。

教則DVDなどを見ながら自分も真似てみると

「あれ?案外簡単じゃん」

と感じました。ストロークパターンも難なく覚えられたので「習得」したと思っていました。

それから特段ストロークを意識しながら弾くことはなく、普通に弾いていました。

もちろん、無意識でもストロークは出来ていると思っていたからです。

しかし

楽曲のテンポが変わったとき全く対応ができなかったのです。

スローテンポの時はリズムがガタガタ。

アップテンポの時はどうしてもリズムに合わない。

「練習が足りないから」「リズムに慣れていないから」と思って、苦手な箇所を練習するも録音して聞いてみると、とてもぎこちない。

自分の演奏を動画で録音してみて初めて気が付きました。

ストロークする際のフォームが崩れていことを。

右腕には力が入っているため、シャープな抜けが出来ておらず、ピックも強く握り過ぎていました。

変な癖がついていたのです。

ストローク練習はみっちりと

ストロークは正しいフォームで行う必要があります。

正しいフォームを身につければ、テンポの変化にも対応できるし、身体がグルーヴするので力む必要がないのです。

私は「できた」と思い込んでおり、フォームのチェックをしていなかった。いつの間にかストロークが適当になり、フォームに変な癖がついてしまっていたのです。

変な癖が付くと、リズムが取りにくくなり、グルーヴを生むことが出来なくなります。

ですので、ストロークの練習はしっかり行う必要があります!

特に初めてギターを弾く方は「できた!」と思い、蔑ろにしがちですが、常にフォームのチェックを行いながら練習した方が数年後に活きてくると思います。

鏡を見てチェック

ストロークの練習のポイントは2つです。

  1. 鏡の前で弾く
  2. メトロノームを鳴らす

この2点を徹底してストロークパターンの練習をしましょう。

単純なことですが、継続してセルフチェックすることを辞めがちです。

出来た!と思っても、明日もできるとは限りません。1ヶ月後もフォームが完璧かどうかは怪しいところです。

鏡を見て、メトロノームに合わせてストロークする練習を5分でも毎日行いましょう。

まとめ

今日はストロークの重要性について書きました。

ストローク自体は簡単ですが、それ故に蔑ろにしがちです。

私のように苦労することがないように、ギターを始めたばかりの方や上達を目指す方は是非ともストロークの大切さを再認識して、練習に取り組んでみてください!

少しでもお役に立てると幸いです。

ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です