【雑記】継続は力なり!ギターの上達も同じだぜ!

こんばんは。Toshiです。

「時間が取れなくてギターが弾けなーい!」
・・・翌日
「せっかく時間取れたのに、何の練習したらいいかわからなーい!」

社会人ギタリストあるあるではないでしょうか。

つい最近までの私がまさにこれです。

いざ、まとまった時間が取れても、質の良い練習ができないことありますよね。

原因を考えてみました。

スポンサーリンク

一度決めた練習が続かないのは?

一つの練習がなかなか続かない経験ありませんか?

練習しても「本当に意味があるのかな」と疑問に思ったりして、中途半端な状態で違う練習に取り組んでしまうことあるのではないでしょうか。

ギターの演奏ってテクニックやリズム感、さらにはメンタル面が合致した時にいい演奏することができます。

だからテクニックばかり長けていてもいい演奏はできないし、テクニックがなきゃ映える演奏ができない。つまり総合的な底上げを行うことでギターの演奏が上達するのです。

「総合的な底上げ」は一部分に特化したものでなく、ギターを演奏するための要素(テクニックやリズムなど)を全体的にレベルアップさせることを意味しています。

しかし、一つの練習で全体的なレベルアップにつながることはありません。

一つ一つの要素を高めていくしかないのです。

だからこそ、上達には時間がかかってしまう。

そして、上達にたどり着く前に挫折してしまうのです。

「この練習って意味あるのかなー」

って思い始め、途中で違うことをやってしまう。あるいは大事だとは分かってても成果がすぐ現れないのでやめてしまう。

結構ありますよね。

継続する人は少ない

会社の研修などに参加して毎回思うことがあります。それは

継続する人はごく稀

という事です。

どんなに良い研修でも、その日以降も継続してその内容を実践している人って少なくないですか?

その時は「今日から実践しよう!」と思っても続いたとして3日くらい。まさに三日坊主というやつです。

大事なことと分かっていながら続かないものです。

ギターも同じですよね。

録音することが大事だと言っても、毎日録音して自分の演奏をフィードバックしている人はものすごく少ないです。

ほとんどの人が継続せずに見切りをつけたり、中途半端に終わってしまうんですよね。

逆に継続して実践している人は本当に少ないです。

「毎日日記を書く」「毎日ランニング」をするなど、自身に課したToDoを欠かさず行なっている人は稀です。

だからこそ、継続し続ければ成長できるのでしょうね。

ギターも録音を毎日行い、コードトーンを意識してアドリブを弾くことを継続できれば必ずレベルアップできるはずです。

todoリストを活用して、モチベーションを高めよう!

最近私はtodoリストのアプリをダウンロードしました。

最近、毎日継続すべき練習を落とし込んで、やることをはっきりさせるようにしました。

なかなか使えます笑

todoリストを活用すれば「選択」と「集中」が出来る環境になります!

その日にやるべきことが明白になれば、あとはそれらをやるだけなので他の事に気を取られることはありません。

何の練習をすべきか分からない方は自分の弱点や課題を書き出し、そこにフォーカスを当ててみてはいかがでしょうか。

モチベーションも上がるので、ぜひ練習するリストを作りましょう!

まとめ

今日は「継続することの難しさ」の減員とtodoリストの活用をオススメを致しました。

私自身もまだまだ未熟なので、自ら実践して結果を出していければなと思っております。

この記事が少しでも何かのきっかけになれば幸いです。

ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です