PDCAサイクルを回してギターが上手くなる!

こんにちは。Toshiです。

仕事でPDCAサイクルの見直しが行われました。

目標を達成するまでの道のりを立てて、フィードバックを行なっていく取り組みです。

これってギターの練習でも使えるな。

と思いました。

自分の課題や目標に対してどういう方法・過程で取り組むかを常に検証することは大事なことですよね。

まずは自分へのアセスメントが必要になってきます。

どういうギタリストになりたいのか。
目標までの距離はどのくらいか。
自分を取り巻く環境はどうか。

今日はPDCAサイクルを回すという視点から日頃の練習の見直しを行おう!という内容の記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

PDCAサイクル

まず自分が目標とするギタースタイルを書き出します。

セッションギタリストなのか、弾き語りなのかなど理想とするスタイルを考えます。

その理想を実現するために必要な要素を書き出します。

その要素が「課題」として認識された時、PDCAサイクルを作ります。

 

Plan

ここではその名の通り計画を立てます。

私の場合は「一年後センションで活躍したい」という目標ができます。

Do

DoはPlanを達成するためにやるべきことになります。

「スタンダード曲を覚える」「安定したリズムを得る」「アドリブ力」を高めるといった感じでしょうか。

Check

検証する場面です。

「他に手はないか」「やるべきことはないか」「見えていない課題が落ちているんじゃないか。」

などなどあらゆる可能性を含めて考えます。

Adjust

新たな課題等が見つかれば、新しいPDCAサイクルを作ることもできます。

DoはToDOまで落とし込んでしまう

時間のないギタリストはすべての練習を網羅することなかなか厳しいですよね。

「やるべきこと」「やらなきゃいけないこと」はわかっているつもりだけど、なかなか実践できないこと多いです。

例えば、「録音をすること」は非常に大事だとわかっているけれど、なかなか実行に移せない。

「スタンダード曲を覚える事」をDOにしても、「いつまでに」などの具体性がないので、「わかっちゃいるけど・・・」になり兼ねません。

これをToDOまで落とし込んでしまいしょう!

「毎日スタンダード曲を通して弾く」などと細かく練習を指定します。

やらなきゃいけないと思えてくるので、毎日の習慣やルーティーンになります。

私はすべてを紙に書き出し、マインドマップのようなに課題とその方法を整理しています。

毎日のすべき練習を明確にすることで「選択と集中」ができるようになります。

まとめ

今日はギターの練習でもPDCAサイクルを回してみようという記事でした。

「ギターを触っけど何も練習できなかった」というのはやることが整理できていない可能性がありますからね。

そういう意味でも紙に書き出し、PDCAサイクルをはっきりさせて、やるべき練習を明確化させた方が濃い時間を過ごせると思います。

私も頑張っていこうと思います。

ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です