マイナースケールは3つの種類がある!

こんばんは!Toshiです。

今日はマイナースケールの種類についてブログを書きたいと思います。

マイナースケールを把握することで分析がしやすくなるので、これを機会に覚えてしまいましょう!

スポンサーリンク

マイナースケールは3種類ある

メジャースケールとマイナースケールがあることはご存知の方が多いと思いますが、マイナースケールには3つの種類が存在しています。

普通のマイナースケールのことを「ナチュラルマイナースケール」と言います。

ナチュラルマイナースケールの音階は音の間隔が全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音でしたね。

度数で表すとR・9th・m3・11th・5・♭13・m7です。

ナチュラルマイナースケールはドレミをラから始めた音階と同じです。ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソです。

6弦ルートからのダイアグラムです。

 

ナチュラルマイナーのダイアトニックコード

ナチュラルマイナースケールから作られるダイアトニックコード(4和音)は

Ⅰm7ーⅡm(♭5)ー♭ⅢーⅣmーⅤmー♭Ⅵー♭Ⅶ7です。

3度、6度、7度に♭が付きます。

「え!?複雑!」って思うかもしれませんが、ルートからの距離で考えると3度、6度、7度はそれぞれm3、♭13th、m7です。

メジャースケールの場合はそれぞれ△3、13th、M7なので、ダイアトニックコードにも♭は付きません。

ハーモニックマイナースケール

ハーモニックマイナースケールはナチュラルマイナーの7度の音が半音上がった音になっています。

m7をM7にするだけです。

R・9th・m3・11th・5th・♭13th・M7・Rです。

マイナースケールの7度の音が違うのでこのスケールから作られるダイアトニックコードもいつもと違います。

4和音で考えていきます。

ⅠmM7・Ⅱm7(♭5)・♭Ⅲ△7(+5)・Ⅳm7・Ⅴ7・♭Ⅵ△7・Ⅶdim

なんか一気に難しくなった気がしますね。

mMってなんだよって思うかもしれませんが、3度はマイナー、7度はメジャーって意味です。

Ⅶdimも冷静に考えると簡単です。ハーモニックマイナーは7度がメジャーです。もし、マイナーのままだったら♭Ⅶの音になります。マイナーダイアトニックコードの7番目は♭Ⅶ7のコードですよね。

つまり、♭Ⅶ7に♭9の音を付け足すとディミニッシュになります。m7からM7は♭9の距離です。ハーモニックマイナーの7番目のコードはdimになるわけです。

メロディックマイナースケール

ハーモニックマイナースケールはナチュラルマイナーの6度と7度の音が半音上がった音

♭13thが13thに、m7がM7に変化しています。

R・9th・m3・11th・5th・13thM7・R

ダイアトニックコードは次の通りです。

ⅠmM7・Ⅱm7・♭Ⅲ△7(+5)・Ⅳ7・Ⅴ7・Ⅵm7(♭5)・Ⅶm7(♭5)

メロディックマイナーのダイアトニックはジャズなどで頻繁に出てきます。

キーを見つけて、分析をしているときに「ダイアトニックコードにない。なんだ?このコードは。」と思う時が出てくると思います。

その時は「メロディックマイナーのコードかもしれない!」と思うようにしましょう。メロディックマイナーのコードから借用することが結構あります。

まとめ

いかがでしたか。

今日はマイナースケールの種類についてお話いたしました。

ナチュラルマイナーとハーモニックマイナーとメロディックマイナーの違いを冷静に捉えることが重要です。

ナチュラルマイナーを基準にそれぞれどこが違うのかを検証してみましょう。

いきなり、ハーモニックマイナーとメロディックマイナーのダイアトニックコードを暗記するのはたいへんです。

できることから少しずつチャレンジしていきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です