ギター雑誌を読んで知識を増やそう

こんばんは!Toshiです!

今日はギター雑誌を読もう!と言う記事を書きます。笑

スポンサーリンク

雑誌から情報を得る

さて、「ギター」と言う楽器の上達は、様々なジャンルを知ることだと思っています。

私はメタルばかり弾いていましたが、カッティングやコードストローク系がどうしても苦手でした。

ギターを始めて3年くらいするとメタル系の早弾きやテクニックはそれなりに付いてきますが、それ以外がまるでダメ。

ブルースセッションなんて出来ないし、「ギターで何か弾いてよ!」とアコギを渡されても16部のリフを刻む始末・・・笑

そこから「総合的にギターが上手くなりたい」と思うようになり、色んなジャンルに興味を持つようになりました。

色んなジャンルに興味を持ったものの、どのように学べばいいかわかりません。

色んなジャンルを調べて聞いてみたところで、ギターとどう結びつければいいのか分かりません。

そこで、ギター雑誌を読んでみることにしました。

それまでは教則本やスコアで好きな曲をコピーすることだけしていましたが、ギターの情報をインプットしなくてはいけない気がしたのです。

それが結果的に大当たり!

ギター雑誌を読むことで、各ジャンルにおいて、どのようにギターが機能しているかがわかるようになりました。

今日はオススメの雑誌を2つほど紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ギター・マガジン

リットーミュージッックから出版されている月間『ギター・マガジン』です。

この雑誌は必読です。

私が感じる『ギター・マガジン』の魅力は一つのジャンルに固執せずに、常に幅広く、そしてコアな内容になっていることです。

「音楽」をどんどん追求するストイックな雑誌になっており、知識の宝庫となっています。

この雑誌を毎月熟読するだけでも相当な知識が得られます。

本気でギターが上手くなりたい人は必読です。

ヤング・ギター

シンコーミュージックから出版されている月刊『ヤング・ギター』です。

この雑誌は私が一番長く買い続けた雑誌です。

ハードロック・ヘヴィメタルを極めたい人、ギターヒーローに憧れる人は必読です。

スコアも豊富で、有名どころから新しい楽曲まで様々なTAB譜が手に入ります。

また、解説動画も丁寧です。ネット上で聞ける(昔はDVDが付いていた)のでそれを再生しながらよく練習したものです。

以前は毎月発売日に購入していました。今は経済的に購読は控えていますが、必ずチェックしている雑誌です。

ただし、継続して読んでいるとヤングギターの「好き嫌い」が顕著にわかってきます。笑

「あの人を特集しないのかなぁ?」とか「また、この人か」と感じることもしばしばあります。笑

とはいえ、こちらも貴重な情報の宝庫ですので、是非チェックをしてみてください!

スポンサーリンク

まとめ

今日はオススメのギター雑誌を2つ紹介しました。

他にもたくさんの雑誌が出ているので、書店に行かれた際はチェックしてみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です