ギターが上達する環境を整えよう!集中してギターの練習ができるコツ

こんにちは!Toshiです!

関東では桜も葉桜に変わり、初夏の到来を思わせる気温になってきました。

私は暑がりなので夏は苦手です(>_<)

汗を掻くと集中力が切れてしまうので、ギターの練習どころではなくなってしまいます笑

ギターを練習する環境を整えなくてはいけないなと思っています。

さて、今日はギターを練習する環境についてブログを書きたいと思います。

集中して練習ができない方や練習が続かない方にとって役立つ記事になることを期待しています。

スポンサーリンク

モノを減らすと集中力が増す

結論から申し上げると、練習に必要な最低限の物以外全て視界から消しましょう!

少し大きな話になりますが、人間てありとあらゆる欲にまみれていますよね。

人間の三大欲求と言われる「食欲」「睡眠欲」「性欲」はもちろん、様々な欲があることかと思います。

私はギターを練習するとき、ありとあらゆる欲に負けていた時期があります。

部屋にあるパソコンでネットサーフィンはもちろん、置いてあるお菓子を食べ、スマホでTwitterを覗いてみたり。

「ギターの練習をしよう!」と思って部屋に行ったのに気がつけば一時間も経っていたことは1度や2度ではありません。

「集中力がない」「なんとかしなきゃ」と思って購入した、こちらの本にヒントが隠されていました。

本ではスマホやパソコンなど、注意力を逸らすモノを断捨離することの重要性が説かれています。

そこで練習に必要なもの以外、断捨離をしたのです

正確には、目に見えないところに隠しました。

スマホもパソコンも、そして使わない教則本も全て。

できることをギターを弾くことだけに制限した結果、1時間みっちりと集中することができるようになりました

色んなものが目に入ると意識していなくても注意力が削がれてしまいます。

ギターとアンプと教則本以外全て消しましょう。

練習する椅子を決める

「部屋が狭くて片付けられない」「目に見えないところに隠すことは不可能」という方もいらっしゃると思います。

私のオススメは練習する時だけに座る椅子を設けることです。

これはマジでオススメです。

椅子を変えるだけでこんなに違うものなのかと驚きます。

なんというか、気持ちが引き締まるというかいい意味で緊張感が生まれます。

ただし、ギターを弾く以外では絶対に座ってはいけません。ここを曖昧にすると意味がなくなってしまいます。

まとめ

今回はギターの練習が集中できる環境作りについて書きました。

断捨離についてはギター練習だけじゃなく、勉強や仕事でも共通して当てはまることですよね。

整理整頓は日頃から心掛けていくと、余計なとこで脳のエネルギーを使わずに済みます。

ギターを弾くだけの椅子を設けることも非常に効果的ですので、ぜひ試してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Toshi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です