ギターの指板の音を覚え方

こんばんは!Toshiです!

ギターを始めて何年も経ちますが、この何年間で後悔したことがあります。

それは早くから指板上の音を覚えるべきだった

ということです。

コピーやTAB譜を見てギターを弾いてきた人は指は動くけれど、音名を言われた時に咄嗟に弾くことができないことがあります。

本気でギター上手くなりたいと思うのであれば、指板上の音は丸暗記しましょう。

スポンサーリンク

なぜ指板の音を暗記する必要があるか

ギターを練習していくと必ず、スケールやコードバッキングを学ぶことになります。

その際に、ルートの音がどこにあるのかがわからないと、全くついていけなくなります。

楽譜をコードネームをみて、咄嗟にポジショニングすることが必要になってきますが、指板の音が分からないと押さえられません。

当然スケールも弾けません。B♭メジャースケールと言われてもルートの位置が分からないから弾きようがないのです。

私は何年間もギターを弾いていても指板の音を覚えておらず、非常に苦労しました。

そうならないために、早いうちに指板の音を覚えることをオススメします。

スポンサーリンク

6弦(1弦)の音を最初に覚える

まずは、6弦の音を覚えましょう。6弦はリフでもよく使うので開放弦から12フレットの音まで確実の覚えましょう。

E(ミ)からファ・ソ・ラ・シ・ド・レ・ミとなります。1弦は6弦と同じですので、6弦を覚えたら1弦も覚えたことになります。

残りは5弦〜2限の4本です。

これらの弦はCの音を基準に考え、ドレミファソラシを埋めていきましょう。

下の写真の赤い枠を見てください。これはCの音ですが、同じ音が各弦に見つかります。見つけ方は基本的には右に2つ、上に2つの位置です。

音を押えたとき、同じ音は右に2つ、上に2つ移動したところにあります

しかし、3弦と2弦の間は半音ズレているので、要注意です。

各弦ルート音。ここではCを見つけたら、続きのメジャースケールを書いていきます。

12フレット以降はオクターブの領域ですので、無理に覚えなくてもいいかなと思います。

まとめ

指板を覚えることは何よりも大事なことです。

短期集中で一気に覚えてしまうことをオススメします。

Cの音を基準にドレミファソラシを埋めていくとあっという間です。

すこし大変ですが、頑張っていきましょう。

Toshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です