【初心者向け】アコギの初心者にオススメしたい曲『チェリー』(スピッツ)

こんばんは!Toshiです!

「アコギを買ったけど何の曲から弾こうかしら。」「自分の弾きたい曲は難しすぎてまだ早い。」

そんな悩みを持ったアコギ初心者の方、結構いらっしゃいます。

アコギのみならずエレキの方もそうですが、やはりギターを買ったら曲を弾きたいですよね。

けど、始めたばかりだと何の曲が弾けるのかがよくわからない。難しい曲は心が折れる。そう思うのは当然です。

この記事では是非とも最初に挑戦したい曲を1つ紹介します。

それは

スピッツのチェリーです。

スポンサーリンク

必須コード進行(カノン進行)を覚える

私がスピッツのチェリーをオススメする理由の1つが必須コード進行であるという理由です。

この曲のコード進行を覚えると色々な曲にも対応できるようになるのです。

スピッツのコード進行(Aメロ)はこんな感じ。

C-G-Am-Em-F-C-F-G

君を忘れな〜い♪曲がりくねった道をゆく〜♪

メロディが浮かんできたでしょうか笑

進行このコード進行は色々な楽曲で使われる超絶に必須なコード進行の一つなのです。

カノン進行と呼ばれています。

カノンの他にも『負けないで』『さくら(独唱)』『明日への扉』などなど多くの楽曲で使われているので、この進行をマスターするだけで、色々な曲の伴奏が弾けるようになるのです。

スポンサーリンク

こんなにたくさんあるんですね!

Fコードの練習になる

カノン進行はFコードが出てきますよね。

Fコードは初心者が挫折しやすいと言われているポイントの一つです。

バレーコードといって、人差し指を伸ばして全ての弦を押さえる形になるため弦を押さえる神経と筋力が発達していない初心者には難しいのです。

しかし、Fコードも毎日トライするとできるようになるものです。

楽曲を通して毎日挑戦するシステムを作ってしまえば、自然とFコードが弾けるようになってしまいますから。

大丈夫!

スポンサーリンク

基本的なコードを覚える

C-G-Am-Em-F-C-F-G

ほとんど必要なコードが出てきています。

DmとBm♭5を残して基本的なコードが勢ぞろいです。

チェリーを練習するだけで、基本的なコードを自然と押さえられるようになるというわけです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがですか。

初めて練習する曲を『チェリー』にすると、このようなメリットがたくさんあります。

もちろん、好きな曲を練習するのが一番いいですが、私はチェリーをオススメします。

是非、チェリーに挑戦してアコギの楽しさを実感してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です