音楽理論をギターに活かそう!インターバルの意味を知ろう

こんにちは!Toshiです!

音楽理論を勉強するとインターバルという言葉が頻繁に出てきます。

”インターバル”とはなんぞや

”度数”とか”スケール”とかと関係ありそうだけどイマイチ説明ができない。

今回はインターバルを理解して、理論書を読んでも挫折しない知識をお伝えできればなと思います。

{ad#ad-1]

インターバルとは距離(音程)のこと

インターバルは音と音の距離(音程)のことを指します。

インターバルは距離のことです。ではどのように距離を表現するかというと○度(ディグリー)という表現をします。

そう度数で表現するわけです。

ドレミファソラシを並べると7つの音があります。

一番最初の音がキーですので、ドから見て他の音が何度の音かを考えていきましょう。

キーがド=Cで例を出すと以下の通りです。

ド=C(1度)・レ=D(2度)・ミ=E(3度)・ファ=F(4度)・ソ=G(5度)・ラ=A(6度)・シ=B(7度)・ド=C(8度)

キーがDの時はDがルートですので、Eが2度、Fが3度という具合です。

メジャーとマイナーが存在する度数

ドレミファソラシって7つの音ですよね。

しかし、ピアノの鍵盤をみてください。

Cから黒鍵も含めて半音ずつ音を音を上げていくと、12個の音がありますよね。

そこで

2度、3度、6度、7度はマイナー(短調)とメジャー(長調)という分け方ができるようになっています。

マイナーはーやm、メジャーは△やMで表現します。Pは完全音程といってマイナーもメジャーもない音を言います。

Ⅰ、m2、△2、m3、△3、P4、♭5、P5、#5(m6)、△6、m7、△7

このように12個の音をマイナーとメジャーを使って表現できます。(下図参照)

5度だけ半音下げた減5度(ディミニッシュ)と半音上げた増5度(オーギュメント)が存在します。

スポンサーリンク

まとめ

今回はインターバルについてお話をしました。

今日もまとめです。

  • インターバルは距離。度数で表現する。
  • 1度、4度、5度はマイナーもメジャーもありません。
  • 5度はディミニッシュ(♭)とオーギュメント(#)が存在します。
  • 2度、3度、6度、7度はマイナーとメジャーで表現することができます。

これを理解すると教則本など理解力が増します。

知識を少しずつ増やしながらギターを触ると上達が早くなるものです。

少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です