マイナーブルースに挑戦だ!コード進行とちょっとアレンジ

こんばんは!Toshiです!

今日はマイナーブルースについて解説していこうと思います。

この記事ではマイナーブルースのコード進行とアレンジ例を紹介します。

少しでも参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

マイナーブルースとは

マイナーブルースとはマイナーキーで作るブルース進行のことです。

メジャーキー同様、マイナーキーからもダイアトニックコードは作られます。

マイナーダイアトニックコードはこの記事を参照してください。

マイナーダイアトニックコードと平行調について

マイナーブルースのコード進行

12小節から成り立っています。

Ⅰm7ーⅠm7ーⅠm7ーⅠm7
Ⅳm7ーⅣm7ーⅠm7ーⅠm7
Ⅴm7ーⅥm7ーⅠm7ーⅤm7

マイナーブルースのコード進行の基本的なコード進行です。

マイナーブルースのバリエーションも様々な種類がありますが、基本形をまずは覚えた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

マイナーブルースをアレンジ

4小節Ⅰm7をⅠ7に変える

Ⅰm7が4小節弾きますが、5小節目にⅣm7にコードチェンジします。

4小節目にⅠ7に変えてドミナントモーションを作るなんてアレンジもできます!

Ⅰm7ーⅠ7ーⅣm7と言うコード進行です。

Ⅳm7にスムーズに進行しているのがわかるのではないでしょうか

スポンサーリンク

Ⅴ7の前に♭Ⅵ△7を入れる

 

8小節目と9小節目も変化させることができます。

8小節目のⅤm7は♭Ⅵ△7

9小節目のⅣm7はⅤ7にそれぞれ変化させることができます。

 

いかがですか?

どこかで聞いたことがあるコード進行ですよね。

そう、Just the two of us進行にすることができるのです!↓参照

おしゃれでかっこいいコード進行 -Just the two of us進行- 

スポンサーリンク

まとめ

今回はマイナーブルースのコード進行について記事を書きました。

次回はマイナーブルースで使うスケールなどについて記事を書いていきたいと思っています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Toshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です