ギターで弾こう!キリンジの『エイリアンズ』のコード進行を分析!-サビ編とアウトロ編-

こんばんは!Toshiです!

これまでキリンジの『エイリアンズ』のコード進行を分析してきました。

イントロからBメロまでの記事です。↓

ギターで弾こう!キリンジの『エイリアンズ』のコード進行を分析!-イントロ編-

ギターで弾こう!キリンジの『エイリアンズ』のコード進行を分析!-Aメロ-

ギターで弾こう!キリンジの『エイリアンズ』のコード進行を分析!-Bメロ編-

今回はいよいよ、サビ編に移りたいと思います。

スポンサーリンク

サビのコード進行

まるで僕らはエイリアンズ 禁断の実ほおばっては
B△7/C#7onB                  /A#m7/D#m7
Ⅳ△7/Ⅴ7onⅣ                   /Ⅲm7/Ⅵm7

月の裏を 夢見て
Fm7/A#(♭13) A#7/D#m7/F#7
Ⅶm7/Ⅲ♭13 Ⅲ7  /Ⅵm7  /Ⅰ7

BM7/C#7onB/A#m7/D#m7は王道進行

まるで〜♩のところのディグリーを見てみましょう。

Ⅳ△7/Ⅴ7onⅣ/Ⅲm7/Ⅵm7となっています。

実際にB△7/C#7onB/A#m7/D#m7を弾いてみたいと思います。

英数字に直すとコード進行は4−5−3ー6というコード進行になります。

メジャーダイアトニックコードでは、Ⅳ△7ーⅤ7ーⅢm3ーⅥm7という進行です。

これを王道進行といって、ありとあらゆる楽曲のサビの部分で使われます。

この流れはマストです。

スポンサーリンク

C#7onBの押さえ方

C#7onBはオンコードです。

なぜここで使われるのかと、ベース音を固定した方がカッコよく聞こえるからです。

C#onBではなくC#7の場合はこのような聞こえ方になります。

これはこれで間違いではないですが、ベース音に落ち着きがない感じがしますよね。

サビでメロディを聞かせたい時は落ち着いたベース音の流れが好まれます。

F#7はセカンダリードミナント

月の裏を〜♩からのコード進行です。

Fm7/A#(♭13) A#7/D#m7/F#7
Ⅶm7/Ⅲ♭13 Ⅲ7  /Ⅵm7  /Ⅰ7

F#7はトニックですが、F#△7ではなく、F#7となっています。

これも次に繰り返すサビのコードであるB△7へのセカンダリードミナントというわけです。

Fm7もノンダイアトニックコードです。この曲でずっと出てきているリディアンスケールからの借用コードです。

2回目のサビが終わったらF#7には戻らずに、D#m7のままイントロに戻るという流れになります。

アウトロ

G#m7/Bm6 C#7(9)/F#△7
Ⅱm7/Ⅳm6  Ⅴ7(9)/Ⅰ△7

最後はトニックで終わらせています。

まとめ

いかがでしたか。

コードワークを学ぶ時は音も一緒に聞きながら学ぶと良いです。

借用コードもそうですが、理論は後付けでいくらでも説明できます。

このエイリアンズのコード進行も1つのレパートリーとして経験値になると思います。

適宜、追記及び修正は行ってまいります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です