【チャーチモード】ドリアンスケールを覚えよう!ドリアンスケールの使い方と名曲

こんばんは!Toshiです!

今日はチャーチモードの1つ、ドリアンスケールについて解説をしていきたいと思います。

先日、チャーチモードについて説明しました。今回説明するドリアンスケールはチャーチモードの1つなので、モードスケール(チャーチモード)についてご存知ない方はこちらの記事をどうぞ。
【音楽理論】モードとモードスケール(チャーチモード)の違いについて

この記事の記事を読むメリットです。

  • ドリアンスケールの構成音を学ぶことができる
  • ドリアンスケールの雰囲気を知ることができる
  • ドリアンスケールを使った名曲に触れることができる

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

ドリアンスケールとは

結論から言うとドリアンスケールはメジャースケールの二番目の音をルートにしたスケールのことです。

Cメジャースケールで考えた時、二番目の音はD(レ)です。

D(レ)を基準にレ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レという音階が出来上がります。

この音階をDドリアンスケールと呼びます。

 

それではキーがGの時はどうなるでしょうか。

Gから見て二番目の音はAですよね。

そうすると、Aドリアンスケールというのが作られるわけです。↓

スポンサーリンク

ドリアンスケールの構成音

ドリアンスケールに限らず、チャーチモードは度数でスケールの構成音を把握することをオススメします。

度数で表記するとこうなります。

R・9・m3・11th・5th・13th・m7

実はドリアンスケールって、ナチュラルマイナースケールの6度の音を半音上げただけなんです。

赤字になっているのが、特徴音と呼ばれる音です。

その音があってこそ、そのモードスケールたらしめているのです。

赤字になっている13thですが、これが♭13thだったなら、通常のナチュラルマイナースケールです。

ナチュラルマイナースケールとドリアンスケールの音の違い

ナチュラルマイナースケールとドリアンスケールの違いを比べてみましょう!

2つとも、Aマイナーのコード上でのサンプルです。

これがAマイナースケール

こちらがAドリアンスケールです。

どうですか?六番目の音が違いましたね。

ドリアンスケールの覚え方

まず、チャーチモードはメジャー系マイナー系で分けてから考えた方がいいです。

ドリアンは3度がマイナーなので、マイナー系に分類できます。

こんな感じで、チャーチモード(モードスケール)はマイナー系なのか、メジャー系なのかを理解しておくと覚えやすいですよ。

スポンサーリンク

ドリアンスケールを使った名曲

ドリアンフレーズの雰囲気を味わうためにオススメの曲を紹介します。

ジャズギタリストのパットマルティーノ氏の『impression』を聞いてドリアンフレーズの雰囲気を感じ取りましょう!

こんなんじゃ分からない!って方のために宇田さんが解説動画を作ってくれました!

パットマルティーノ以外にもマイルス・デイビスの『so what』などドリアンを使った曲はありますので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

 

まとめ

今回はドリアンスケールについて解説しました。

今日のまとめです。

  • メジャースケールの二番目の音から始めた音階がドリアンスケール
  • ドリアンスケールはマイナースケールの6度の音を半音上げたもの
  • オススメの名曲、パットマルティーノ『impression』

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Toshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です