【チャーチモード】フリジアンスケールの特徴と曲の雰囲気を覚えよう

こんにちは!Toshiです!

今回もチャーチモードを1つであるフリジアンスケールを紹介します。

この記事を読むメリットを書きます。

  • フリジアンスケールとは何かわかる
  • フリジアンスケールの特徴がわかる
  • フリジアンスケールの使い方がわかる

スポンサーリンク

フリジアンスケールの特徴

フリジアンスケールはチャーチモードの1つです。

チャーチモードとは何かが分からない方はこちらの記事を参考にしてください。
【音楽理論】モードとモードスケール(チャーチモード)の違いについて

メジャースケールの三番目の音から並び替える

簡単に言うと、メジャースケールを三番目の音から並び替えた音階のことです。

ドレミファソラシド(Cメジャースケール)

これをから始めます。

ミファソラシドレ(Eフリジアンスケール)

このように考えると分かりやすいです。

フリジアンスケールの構成音

スケールを覚えるときは、必ずインターバルで覚える必要があります。

インターバルはRやM3のような表記をしますね。

フリジアンスケールの構成音を覚えましょう

フリジアンスケールの構成音
R
♭9m3・11・P5・♭13・m7

赤字がコードトーンで緑色が特徴音です。

コードトーンを見るとマイナー系であることがわかると思います。

なので、フリジアンスケールはマイナーコード上で弾くことができるスケールです。

スポンサーリンク

フリジアンスケールを使った曲の雰囲気

フリジアンスケールを使うとどんな雰囲気になるのでしょうか。

いかがでしょうか。

ギター博士の演奏も相変わらず素晴らしくて憧れますが、フレーズの雰囲気が大切です。

どこか怪しくて不思議な雰囲気を感じませんか?

フリジアンの特徴音である♭9の音がこの怪しい雰囲気を作っています。

フリジアンスケールの使い時

結論から言うとこの2つです。

  • メジャーダイアトニックコードのⅢm7の時
  • マイナーコード一発の時

厳密に言うと、他にも使い時はあるのかもしれませんが、そこまで知る必要性を私は感じていません。

特にマイナーコード一発の時に違うマイナー系スケールと混ぜ合わせながら使うとフリジアンスケールの雰囲気を存分に味わえると思います。

先日お伝えしたドリアンスケールもマイナー系のスケールなのでマイナーコード一発の時に使えます。
【チャーチモード】ドリアンスケールを覚えよう!ドリアンスケールの使い方と名曲

比較しながら覚えていくことも効果的です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

今回はチャーチモードの1つフリジアンスケールについてブログを書きました。

今日のまとめです。

  • フリジアンスケールはメジャースケールの三番目の音から並び替えた音階
  • 構成音は「R♭9m3・11・P5・♭13・m7」のマイナー系
  • ♭9の影響で怪しく不思議な雰囲気を出す

フリジアンスケールを使いこなして、レベルアップしたいところですね!

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Toshi

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です