【音楽理論】メロディックマイナースケールのダイアトニックコードを学ぼう!

こんばんは!Toshiです!

今日はメロディックマイナースケールから作られるダイアトニックコードについて記事を書きます。

この記事のメリットを書きます。

  • メロディックマイナースケールを理解できる
  • メロディックマイナースケールからできるダイアトニックコードを理解できる

主にこの2点です。

それではみていきます。

メロディックマイナースケールとダイアトニックコード

メロディックマイナースケールを覚えるコツ

メロディックマイナースケールを覚えるコツは2つあります。

  • 「マイナースケールの6度と7度を半音上げる」と考える
  • 「メジャースケールの3度を半音下げる」と考える

この2つの視点はマイナースケール目線とメジャースケール目線からの捉え方です。

スケールを見てみましょう。

これはキーをCにした時のメロディックマイナースケールです。

メジャースケールの3度の音を半音下げる。つまりm3にすると完成するという考え方です。

一方でマイナースケールとしての捉え方ですと、6度と7度の音を半音あげると捉えることができます。

ハーモニックマイナースケールは7度の音を半音上げたマイナースケールです。
【音楽理論】ハーモニックマイナースケールのダイアトニックコードについて

ハーモニックマイナースケールの6度の音も半音上げるとメロディックマイナーになります。

スポンサーリンク

メロディックマイナーから作られるダイアトニックコードと転回形

ダイアトニックコードは以下の通り。

ⅠmM7・Ⅱm7・♭ⅢM7+5・Ⅳ7・Ⅴ7・Ⅵm7♭5・Ⅶm7♭5

う〜ん。度数で書くと難しく見えます。なかなか見慣れないコードですからね。

コード表記を覚えること一緒に転回形のスケールを覚えましょう。

ジャズだとめっちゃ使われるので覚えたいポイントです。

メロディックマイナーの転回形

Ⅱm7・・・ドリアン♭2

♭ⅢM7+5・・・リディアンオーギュメント

Ⅳ7・・・リディアン♭7

Ⅴ7・・・ミクソリディアン♭13

Ⅵm7♭5・・・ロクリアン2(natural)

Ⅶm7♭5・・・スーパーロクリアン

特に4度から始まるリディアン♭7スケール7度から始まるスーパーロクリアンスケールについては多用されるのべ、別記事で深掘りをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回はメロディックマイナースケールとそのダイアトニックコードについて説明しました。

次回はメロディックマイナーの転回形から作られるスケールについて深掘りしていきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Toshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です