【ギター上達】ルートから見える3度の音を確実にマスターしよう

こんばんは!Toshiです!

今日はルートから見える3度の音を確実にマスターしようというテーマで記事を書きます。

 

ルートから3度の音がどこにあるのかわかると以下のメリットがあります。

  • メジャー&マイナーコードが弾けるようになる。
  • コードトーンを違和感なく弾くことができる。
  • アドリブがうまくなる

 

ルートから3度のポジションが一瞬でわかるとこのようなメリットがあります。

 

この記事でルートから見える3度の位置を確実に覚えてしまいましょう!

 

ルートから見える3度のポジションを覚えよう

 

3度に限らず、5度や7度などそれぞれの度数を把握できると音使いがうまくなります。

 

しかし、最も大事な度数は3度です。

 

3度の位置をマスターし、他の度数もどんどん足していきスケールにしていきましょう。

5弦ルートから見える3度の位置

メジャー系とマイナー系で2種類に分けることができます。

 

メジャーは長3度。つまりルートから見て2音離れている音です。(ド→ミは全音が2つ分)

メジャー3度の位置

5弦ルートからみるメジャー3度

 

5弦ルートの時は上記の写真の通りです。△というのはメジャーであることを表しています。

 

3弦と2弦は半音ズレるので、3弦にルートがある時は「真上」がメジャー3度になります

 

スポンサーリンク

マイナー3度の位置

5弦ルートのマイナー3度の位置

 

メジャー3度の音を半音下げただけです。

 

特徴は3弦と2弦の位置ですね。左斜め上に3度がありますが、メジャーじゃありません。

 

3弦と2弦はずれているので、ここはマイナーです。

 

5弦から1音半の距離にあるのがマイナー3度の音。

 

5弦から見ると2方向にマイナー3度があるのがわかりますよね。

 

どちらも直ぐに抑えられるように練習しましょう。

スポンサーリンク

6弦から見える3度の位置

続いては6弦から見える3度の位置です。

 

メジャー3度の位置

6弦ルートの時のメジャー3度の音

 

5弦ルートの時と異なる点は1つです。

 

3弦と2弦を挟まなくなったので、ルートから見える位置に変化はありません。

 

マイナー3度の位置

6弦ルートの時のマイナー3度の位置

 

この写真には載せてませんが、5弦の時のように、ルートから見て3フレット右がマイナー3度の音です。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

 

ルートから3度を把握して置くと、アドリブやコードを弾く時に役に立ちます、

 

今後、ルートと3度の音に7度の音を足すと、ジャズの雰囲気を楽しむことができます。

 

そのためにはまず、3度の音を完璧に把握することから始めましょう!

 

読んでくださり、ありがとうございます。

 

Toshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です